地震保険では十分に補償ができないといわれていますが、100%の補償を得るにはどうしたら良いのでしょうか。

地震の補償

地震保険というのは、地震災害固有の特徴からさまざまな特徴があることが知られていますが、例えば主契約である火災保険の50%が上限であったり、建物5000万、家財1000万というような補償の上限というものも存在します。
保険金の支払いは全損・半損・一部損の3段階のみであったり、保険料は地域と建物の構造によって支給されることになっていますので、損害を地震保険のみで補償するというのは現実的ではありません。
またこの保険は地震があったら自動的に補償されるというものではなく、最も損害が軽微な一部損の基準にまで被害が及んでいなければ保険金はまったく支払われません。
このような点を考えると地震保険をさらに補償するようなべつの保険が必要になってくるといえるかもしれません。
幸いなことに、各損害保険会社などではこのニーズに合致する補償がいくつか出されていますので、それらを活用することによって補償をしっかり付けることができます。
ひとつとして挙げられるのが、東京海上日動のトータルアシスト超保険でしょう。
この補償があれば、地震や噴火またはこれらによる津波の損害が50%上乗せすることができるわけですが、生損保一体型の総合的な保険になるので、まとめて利用すると良いでしょう。
損保ジャパンから出されているほ〜むジャパン(地震火災50プラン)も地震に対応する補償になります。
この「地震火災50プラン(地震火災30プラン)」は特約になっていますが、地震による「火災」の損害をもカバーすることができます。
しかし注意点としては、地震による火災が対象になるので、地震そのものの被害や津波では補償を受けることはできません。
内陸部などで火災だけの補償を付けたいのであれば、ピッタリの補償だといえるでしょう。
SBI少額短期保険から出されている地震補償保険Resta(リスタ)も、地震災害による費用を補償する保険になっています。
これは火災保険と一緒に加入しなくても単独で加入できるタイプのものですが、半壊以上の被害しか補償してくれませんので注意が必要です。
このようにさまざまな補償によって地震対策ができるのですが、もしマンションに住んでいるなら注意が必要です。
マンションは専有部分と共用部分に分かれており、共用部分はマンション管理組合で一括しているので、個人の備えではカバーできないものもあります。
そのような場合には共用部分の地震保険をマンション管理組合で加入するしかないでしょう。

Copyright (C)2017各種保険の選び方〜地震は?旅行は?〜.All rights reserved.