空港で加入するタイプの保険がありますが、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

空港で加入するタイプ

海外旅行などに行く前には海外旅行保険の手配をしっかりしたり、クレジットカード付帯の海外旅行保険が使えるかを確認したりするものですが、うっかり忘れてしまうという方もいるのではないでしょうか。
そのような方に重宝されているのが空港の自販機や窓口で加入できる海外旅行保険です。
この自販機や窓口の最大のメリットはその利便性にあるといえるでしょう。
出発直前でも海外旅行保険に加入できるというのは安心ですし、自販機の場合には手続きなども簡単ですので、その保険について詳しく知っていたり、以前も加入していたことがある場合などには自販機で加入されると良いでしょう。
窓口などは海外旅行保険のことが良く分からない時に説明を聞けますので、非常に便利です。
海外旅行保険だけでなくほかの生命保険などにもいえることですが、安ければ安いほどよいというわけではなく、しっかり補償が得られるかというのは重要です。
それで海外旅行保険に加入するさいにもしっかり補償内容に目を通して理解しておくようにするのは良いことです。
しかし空港の自販機・窓口で加入する海外旅行保険は万が一の備えだということも忘れないようにしましょう。
一番のぞましいのは、事前に海外旅行保険に加入しておくということです。
事前に海外旅行保険に加入していると、自宅を出たときから保険の適用が効きますので、飛行場に行く前に事故をしてしまった際にも補償を受けることができます。
それに対して空港で加入する場合は、手配が済むまでは加入してないわけですので、補償も何もありません。
人によっては気にならないかもしれませんが、場合によっては空港に行くまで、かなりの長期間車で移動しなければならない場合もあります。
実際に何が起きるかわかりませんので、事前に保険に加入しておいたほうが安心できるといえるかもしれません。
また空港で加入する場合のデメリットとして挙げられるのが、自分で必要な補償・そうでない補償を付けたり外したりというようなことはほとんどできないという点です。
そもそも海外旅行保険にはさまざまな補償が組み込まれており、なかにはあまり使わないようなものもあります。
もし事前に海外旅行保険に加入できるなら、保険プランなどをじっくり考慮して、いらないような補償をなくして保険料を安くすることが可能になりますので、この点でも事前に加入しておいたほうがメリットは大きいといえるかもしれません。

Copyright (C)2017各種保険の選び方〜地震は?旅行は?〜.All rights reserved.