海外旅行の際にさまざまな事態に対応して補償してくれるのが海外旅行保険になります。

海外旅行のために

旅行先での病気やケガ、盗難などの保障をおこなってくれるのが海外旅行保険になります。
この海外旅行保険は、おもに損害保険会社が取り扱っているわけですが、渡航先や旅行期間、補償の内容等によって保険料が変わってきます。
また海外旅行保険にはさまざまな補償内容があり、つければつけるほど保険料が上がってしまいますので、それぞれの保障についてしっかり把握することが重要です。
主な保障としては、傷害治療費用、疾病治療費用、傷害死亡・後遺障害、疾病死亡、賠償責任、携行品損害、入院一時金、救援者費用、航空機寄託手荷物遅延費用、航空機遅延費用、航空機遅延費用、留守宅家財盗難、緊急一時帰国費用などがあります。
このようにさまざまな保障がありますが、海外旅行保険の場合には基本契約というものがあって、それに特約でさまざまな細かい保障を付けることができるようになっています。
例えば治療費用などは外すことができない主契約になっているケースが多いですが、死亡においては傷害・疾病を外すことも可能でそうすると保険料も安くすることができます。
オーダーメイド型・セミオーダー型の海外旅行保険であれば、必要なものとそうでないものを分けることができますので、無駄を省きたい場合や保険料をとことん安くしたいならそのタイプの保障を選ぶと良いかもしれません。
さらに選べる点としては航空機寄託手荷物や航空機遅延、入院一時金などの保障などもあります。
短い旅行などでしたらそれらの補償の保険料は数百円から数十円からになっていますので、もし必要だと思うなら加入してみても良いかもしれません。
海外旅行保険には多くの場合、さまざまなプランがあり、それらはスタンダードタイプ、エコノミータイプなどと呼ばれ区別されています。
しかしどの会社でも補償や料金が中間くらいのものをおすすめプランとして強調していますので、よく分からないのであればそのプランを選んでみても間違いないでしょう。
海外では簡単な手術や入院でもかなりの費用が発生してしまいますし、救急車なども有料であることは珍しくありません。
また多くの損害保険会社は世界にネットワークをもっているので、何かあった際にも日本語で対応してくれるようになっています。
せっかくの海外旅行を心配なく楽しみたいというのであれば、ぜひ海外旅行保険に加入してみると良いでしょう。
ちなみにあまり知られていませんが、自宅と空港の往復時にも海外旅行保険は適用されることになっています。

Copyright (C)2017各種保険の選び方〜地震は?旅行は?〜.All rights reserved.