こども保険とはどのようなものなのかや、加入するさいの注意点を取り上げています。
各種保険の選び方〜地震は?旅行は?〜

子供保険とは

子供がまだ小さい内というのは学費などでさまざまな費用がかかってしまうものです。
この教育資金の準備を目的として加入するのがこども保険といわれるものです。
15歳、17歳、18歳、20歳、22歳など必要な時期をあらかじめ定めておいて、満期時に契約した教育資金を受け取ることができるというのがこのこども保険です。
保険といわれている理由は、契約者である親が死亡・高度障害となった場合に保険料の払い込みが免除され、満期には契約した教育資金の全額が受け取れるという点が挙げられるでしょう。
また子供が亡くなった時にも満期保険金と同程度の死亡保証金を受けることができるという点も人気の理由になっています。
このこども保険はさまざまな種類があり、満期時以外にも12歳、15歳などの入学時期に祝金として給付金が受け取れるものや、契約者である親の死亡時・高度障害時に一時金が受け取れるもの、さらには子どもの入院・通院に関する保障がついているものもあります。
これらの子供保険は、保険料を支払い続けることで、教育資金が自然にたまっていきますので、お金があると使ってしまうというような方にはピッタリの保険だといえるかもしれません。
しかし上記にも挙げているようにこども保険にはさまざまな種類があります。
選ぶさいにはどのような点をチェックできるのでしょうか。
まず挙げられるのが貯蓄型か保障型かという点です。
満期保険金から払込保険料累計を引いた差額が大きければ大きいほど貯蓄性が高い保険だと判断することができます。
反対に契約者の保障が多いものや、子供の医療特約などがたくさんついているものは貯蓄性は悪くなってしまいます。
さらにこども保険を選ぶさいに重要になるのが満期をいくにするかという点でしょう。
15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などから選ぶことができるわけですが、子供に教育を受けさせる場合、どの時期にどれくらいの費用が必要になるのかをあらかじめ考えていくようにしましょう。
また子供自身の入院や手術等に備える医療保障がつけられるタイプもあるますが、その場合には本当にそれらの保証が必要なのかを考えておくことも肝心です。
またこども保険で考えなければいけない点として、金利も挙げることができます。
予定利率が低い時期に加入しても運用利率が悪いのであまり資産増加が期待できないためです。
むしろ予定利率の高い時期をえらんで加入を考えたほうが効果的だといえるかもしれません。

Copyright (C)2016各種保険の選び方〜地震は?旅行は?〜.All rights reserved.